読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

片山兵衛 活動報告

北海道・鷹栖町議会議員 片山兵衛の活動をご報告します。

29年第1回定例会がはじまりました!

 昨日3月9日から定例会がはじまりました。
 議会は年度ではなく暦年で開かれるため、今回は平成29年第1回定例会となります。

f:id:cardhu12:20170310052753j:plain

 1日目となる昨日は最初に町長による「町政の執行方針」、教育長による「教育行政執行方針」の朗読があり、その後、一般質問がありました。

 私を含め6名の議員が質問。

 私は公の施設の運営に関して指定管理者制度の今後の考え方を質問。
 指定管理者制度の評価については、「現在、制度を導入している丸山パークゴルフ場、プラザクロス10、各地区住民センター、パレットヒルズのいずれについても、利用者のニーズに対応した適切なサービスの提供が図られ、町としても使用許可や使用料徴収等の面で事務作業の軽減が図られており、順調に指定管理者制度が浸透し導入の効果があった」とのこと。
 今後については他の公の施設についても指定管理者制度を検討する余地はあるとの答弁でしたが、管理を町民による団体・町内の企業が担う仕組みが前提とのことで、それも含めた検討が必要とのこと。担当課などで事前に確認したところ、管理の受け手不足という問題もあるとのことでしたので、指定管理者制度がうまくいっているからそのまま拡大していくわけにはいかないのだと思われます。

 指定管理者制度を導入する基準はとの質問には、「法律により指定管理をすることができない施設ではないこと、民間事業者が運営可能でノウハウの活用やコストの削減が図れること、行政が主体でなくても平等性・公平性が保てること、これらに加え鷹栖町独自の視点として協働型町民参加の推進」が挙げられました。

 また昨年から調査研究をすすめている体育施設の指定管理については29年度も引き続き調査研究をしていくとのことで、実際に利用することの多い体育協会に指定管理者になってもらうことを前提に協議をすすめているとのこと。
 そういう前提であれば公募しなくてもよいのではないかとも思いましたが指定管理者制度に移行するときには公募するそうです。
 メロディールは体育施設は管理運営方法は異なるため、当面直営での管理を考えているとのことでした。

 鷹栖町では現在指定管理といっても施設の維持管理が主となっていますが、体育施設の管理運営となると内容が異なってくるため、そのへんを含めて考え方を確認したいと思い質問したのですが、あまりうまくいかなかったなと反省しているところです。

 2日目の今日は専決処分の報告、補正予算、条例制定・改正など、平成29年度の予算説明が予定されています。13日には執行方針への質疑、14日には予算審査が行われます。

f:id:cardhu12:20170310052800j:plain

 議場ではゆっくり過ごせるようお茶やコーヒーの用意もしてありますので、お時間のある方はぜひ傍聴にいらしてください!